kachidoki パチンコもあるの?

皆様、KACHIDOKIカジノという名前は聞いたことがありますでしょうか?

よく見るバナーで4号機の再来の「大祭り」が取り上げられたり、ピエロっぽい安定した台の「I am pierrot」の告知をよく見ると思います。

今回、2017年3月3日にリリースされたパチンコ台について取り上げていこうと思います。

KACHIDOKIカジノについて

KACHIDOKI(カチドキ)はオランダ領キュラソー島政府が発行するオンラインカジノライセンスを取得しており、安心して遊んで頂ける安全なオンラインカジノです。

キュラソーのオンラインカジノライセンスは、他の国々が発行するライセンスの中でも取得が難しく、それゆえに信頼性の高いものとして評価されています。

カジノライセンスに取得にあたっては、運営会社の財務内容等について厳格な審査が行われ、通常は6ヶ月から1年以上にわたり詳細な査察が実施されます。

また、オンラインカジノが使用するシステムやゲームに関しても、当然その審査の対象となり、第三者である検査機関やゲーミング(ギャンブリング)委員会によるプログラムレベルでの綿密な調査と検証が行われております。

具体的には、当該システム及びゲームで使用される”RNG(Random Number Generator)=乱数生成機能”が適切なものであるかが検査の中心になります。

RNGはその名の通り、カードやルーレットの出目をランダムに決めるための機能で、ゲームの勝敗を左右する部分となります。

もし、RNGが適切なものでなく、運営者側が随時変更できるようなものであれば検査は不合格となり、ライセンスが発行されることはありません。

また、検査時のみ正常に作動させ後からRNGに手を加えられるようなプログラムの存在も許されず、これに関しては不定期の抜き打ち査察が行われることでも、その適正が担保されております。

この様に、オンラインカジノライセンスは幾重にも及び検査や認証を通じて、プレイヤーの皆様がむやみな不利益を被らないような仕組みが整備され、適切な運営をする事業者のみがオンランカジノを運営することを可能としております。

KACHIDOKI(カチドキ)では、下記の通り正式なライセンスを取得しておりますので、安心してお遊び頂けますよう、お願い致します。

*KACHIDOKIカジノの公式HPより抜粋

 

KACHIDOKIカジノで遊ぶためには

KACHIDOKIカジノに登録して遊ぶために必要なのは、

・メールアドレス
・クレジットカードorCOINTRADEアカウントとPMCアカウント

となります。

それらを用意できたなら、KACHIDOKIのHPに行きましょう。

HPに飛んだら、無料会員登録はこちらをクリックして、登録に必要な情報を入れていきます。

必要な情報は、

・メールアドレス
・パスワード
・ニックネーム
・生年月日

となっております。

記入が終わったら「今すぐ無料登録する」のボタンを押せば、会員登録は完了となります。

次にKACHIDOKIのHPに行き、先ほど入力した情報でログインしてみましょう。
ログインすると遊ぶことが出来ます。

筆者の個人的な意見ですが、クレジットカードを使うのは簡単ですので、そちらのほうがおすすめです。

COINTRADEを使った方法ですと、換金手数料であったりと3000円ぐらい損する形になるからです。

しかし、出金することを考えたらCOINTRADEをあらかじめ登録しておくのも手かもしれません。

そこはどのくらい遊ぶかを考えて選びましょう。

 

KACHIDOKIカジノのパチンコとは?

2017年3月3日にKACHIDOKIカジノでリリースされた「オーシャンストーリー」。

このパチンコはどのようなものなのか見ていきましょう。

 

大当たり確率:1/323
賞球:7&15
確率変動:1/1(リミット3回)
ラウンド:16ラウンド(10カウント)
最大記憶:4保留

KACHIDOKIのオーシャンストーリーは大当たりを出した場合は2240発超え確定です。

初当たり1回(3回消化時)の平均獲得出玉が6000発になっています。

このリミットというのは、確変が3回約束されているととらえても大丈夫です。

レートによって1発は1、4、8、20セントとなっていますので、20セントで大当たりを出すと、20×6000発で1200ドルの入手になります。

 

パチンコに設定機能

KACHIDOKIカジノでは、スロットと同じように設定機能が存在しております。

ここで勘違いして欲しく無いのが、単純に大当たり確率などが変動するのではなく、釘設定が変化するのではないかと考えます。

パチンコ店も同様にイベントの日は釘を開けたりしている店が多いですが、可能性は高いと思います。

本当は、釘を弄ることは違法なので、店側は伏せていますが、釘を弄ることで強弱をはっきりとさせているのがパチンコ店だと思います。

では、釘の設定が良ければどうなるのでしょうか。

 

単純に、回転率が高くなります

知っている人からしたら、そんなこと普通だろと感じるかもしれませんが、非常に重要なことだと思います。

必要な玉数が減って、なおかつ回すことが出来る。

つまり、大当たりする確率が高くなるということです。

これは時間にもよるのですが、回す時間が長ければ長いほど、安定した出玉を獲得できるでしょう。

その為、時間があるときに、ゆったりとKACHIDOKIカジノの高設定台に座って粘ることは大事だと感じます。

 

kachidoki パチンコ 実際に打ってみて

筆者は「オーシャンストーリー」を実際に打ってみて、なおかつ大当たりを引けました。

しかし、それと同時に問題点も見つかってきました。

そちらについても、現在あるパチンコと見比べてみて、デメリット・メリットがあったので解説していきたいと思います。

まだやったことのない人、興味があっても手を出せないでいる人の手助けになればと思います。

 

メリット

まずはメリットについて、説明していきたいと思います。

まず、インターネット上で行う為、ある程度、放置しても大丈夫という点です。

実際のパチンコ店では、あまり長すぎる放置は呼び出し→撤去というパターンが多いですが、KACHIDOKIカジノではそのようなことはありません。

ちょっとトイレに行きたいけど、打ち続けたいと思ったことはないでしょうか?

このKACHIDOKIカジノでは、トイレはもちろん、食事をしながら出来るのは非常に大きいと思います。

また、誰かの目線を気にすることもなく、自分の空間だけで出来るのもメリットだと感じます。

 

もう一点あげるとするならば、先のメリットと若干被るのですが、オート機能が存在しているところです。

オート機能を使うことによって、体の負担も軽減されるため、毎日通い詰め、ハンドルを持ち続けるといった体の負担が軽減されるのは、パチンコを長時間する人にはうれしい事柄だと思います。

実際に腱鞘炎になったり、最近のパチンコでまぶしすぎてそのまま倒れたりといったケースが増えてきているように感じます。

しかしこの「オーシャンストーリー」は昔の海物語を知っている人なら伝わるかもしれませんが、とてもシンプルなつくりになっているため、分かりやすいものとなっています。

そして、まぶしいといったこともなく、淡々と進めることが出来ます。

 

スペック上のメリットとして、一撃6000発OVERは大きいように感じます。

確率や、羽ものみたいなものではなく、普通のパチンコ台の釘配置で、そのような恩恵を得られるのは、KACHIDOKIカジノならではだと思います。

 

デメリット

この台には、スルーといったものが存在しておりません

つまりどうゆうことかというと、大当たり終わっての確変状態の時は、通常時と変わらないということなので、球は減っていきます

その為、確変が落ちることはないのですが、当たらなければ期待収支も減ることは間違いないでしょう。

そして、止め打ちなどもできないので、注意しときましょう。

 

また、KACHIDOKIカジノ全般に言えることなのですが、操作性が非常に悪いです。

今回の「オーシャンストーリー」に言えることは、止め打ちが出来ない(一度ハンドルを戻さないといけない)。ハンドルの微調整もマウスで行う。

つまり、パチンコを打った人ならわかるかもしれませんが、手で行わない為、細かい微調整が出来ないという点です。

スタートに入るストロークは非常に重要なのですが、微調整が出来ないので、この状態がある程度マシという程度の微調整しかできない点です。

今回はスルーが存在しないため、スルーを気にして微調整しなくてもよいですが、期待収支にも影響が出ると感じます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

KACHIDOKIカジノにはパチンコがリリースされて、メリット・デメリットを挙げてみましたが、参考にはなりましたでしょうか。

筆者の一個人の感想ですが、設定があったら打ってもいいかなと感じる程度のものでした。

止め打ちや、スルーがあり、技術介入があるのであれば、プラスになる要素が多いと思いましたが、現状実装される気配はないので、釘設定が良ければやる!程度にしか感じません。

その為、パチスロも同じなのですが、設定があるのであればやる価値はあるのではないでしょうか。

無駄にお金を浪費しても稼げるわけではないので。

以上、kachidoki パチンコもあるの?でした。