今回は、KACHIDOKIのメイン機種でもある大祭りのスペックについて解説していきたいと思います。

4号機時代を彷彿とさせる機種となっており、大花火をイメージしております。

その為、大花火と大祭りを見比べて、同様な攻略が出来るか、スペックは同じなのかも合わせて解説していきたいと思います。

 

4号機とは?

4号機のスロットは、2007年9月まで稼動を続けていた、現在の5号機と呼ばれる台よりもひとつまえの世代の設定台です。

 

当時を知る人が今の5号機を見ると、正直全盛期のスロットからすれば全く出ない台という印象です。そのあまりのギャンブル性の高さゆえに、4号機はお上から目を付けられて、現在では廃止されています。

ギャンブル性の高さがどれほどのものかというと、最大で1時間1000枚が5箱ぐらいは普通に可能でした。

だいたい1000枚で2万円ぐらいですから、1時間で10万円は余裕だったわけです。今の5号機では考えられない状態です。

4号機以前の1~3号機の時代、パチスロはパチンコの単なる”おまけ”程度の存在でしたが、4号機の登場で一気に人気のゲームとなり、連日連夜のパチスロフィーバー。

スロット生活者の間では、どの台に座るかはまさに死活問題。早朝はもちろん、深夜から翌日のオープンを待つお客で溢れ、来店順の抽選では怒号飛び交うほど荒れに荒れていた。

そんな次代を担っていたのが4号機です。

4号機はその悪魔のごとき魅力ゆえに依存症を一気に増加させました。

一日ですさまじい金額を稼ぐ人がいる一方で、多くの客が全てを持っていかれ、パチンコ破産・自殺に追いやられる人間も大量に増加

社会的な問題となり、規制改正が入るほどのものとなったわけです。

 

4号機から5号機に

今では4号機が規制改正され、5号機になり、6号機になるのではとささやかれている今日。

そんな、今でこそ考えられない4号機が、お金を賭けて今でも遊べるサイトというものが存在しています。

日本国内で姿を消した4号機ですが、あの当時の桁外れな爆発力を体験した方は、当然のように今のパチスロには全然満足できないんじゃないかと思います。

とにかく、ボーナスすぐ終わるものだから出が悪すぎて、稼ごうにも稼げない。

そんな中、”今でも4号機が遊べる場所が存在している”という噂が2015年末に流れてきました。

それは、実際の店舗ではなく、海外が運営するギャンブルサイトに存在していました。

4号機で大人気を博したあの名機、”大花火”をベースに作られたのがカチドキの”大祭り”です。

 

大祭りのスペック

KACHIDOKIで公開されている4号機「大祭り」は、アクロスから出ている花火シリーズ「大花火」に非常に良く似ています。

ではその中身はどうなっているのでしょう?

調べてみると、この二つには多くの共通点があることが判明しました。

 

大祭りを攻略する上で、かなり重要な情報になりますので、スペックを2つを比べたものを見ていただきましょう。

 

大花火 大祭り
設定 BIG確率 REG確率 機械割(フル攻略) BIG確率 REG確率 機械割
設定1 1/431.1 1/655.3 100.66% 1/430 1/655 95%~100%
設定2 1/399.6 1/655.3 104.39% 1/400 1/655 98%~105%
設定3 1/364.1 1/606.8 109.89% 1/364 1/607 103%~110%
設定4 1/321.2 1/606.8 117.36% 1/320 1/607 110%~118%
設定5 1/292.5 1/512.0 124.87% 1/293 1/512 117%~125%
設定6 1/240.9 1/481.8 140.33% 1/241 1/482 130%~140%

 

小数点を四捨五入した形となっており、大花火のスペックそのままを継承した形で無いかと考えています。

そのため、フル攻略をした場合、同じ機械割が出せる可能性が高いと思います。

 

 

大祭りの小役確率

大花火 大祭り
小役 通常時
チェリー 1/64 1/64
1/85.3 1/85
三尺玉 1/11.8 1/12
リプレイ 1/7.2 1/7
小役 BIG中
15枚役 1/1.204 1/1.2
JAC IN 1/5.958 1/6
三尺玉 1/1024 1/1024
チェリー/山 1/1638.4 1/1638

 

 

こちらも小数点を四捨五入した形となっており、同じ小役確率のようです。

この様子ですと、スペック・小役確率が同じということは、設定差も同じようなものと推測できます。

次に、大花火の設定差についてみていきましょう。

 

 

大花火の設定差

ボーナス確率のみ。

設定6でなければ、BIG間1000とかハマるので、追うのであれば注意。

実際、設定6でも深ければとことんハマるんですけどね。

REG確率にあんまり差がないので、BIG確率をメインに判断したほうが良いです。

小役確率は設定差は無いため、カウントはいらないです。

大祭りも同じスペックならば、ボーナス確率のみで設定判別すると考えられます。

次にリプレイ外しについてです。

 

大花火のリプレイ外し

大花火を打つうえで必要なことと言えばリプレイ外しです。ではリプレイ外しや微妙に出来る人はどのように打っていたのでしょうか。

こちらをご覧ください。

 

~リプレイ外しが完璧な人~
1回目 順押しでJACIN。

2回目も順押しでJAC IN。

3回目は残8Gまでハズシ。

7GからJAC IN 優先。

 

~ビタ外しが85%くらいできる人~
1回目 27Gまでリプレイ外し。

2回目 17Gまでリプレイ外し

3回目 残8Gまでリプレイ外し

 

~ビタ外しが75%以下でしかできない人~
3連ドン外しで1回目 28Gまでリプレイ外し

2回目 18Gまでリプレイ外し

3回目 残8Gまでリプレイ外し

 

機械割を100%超えたい方はリプレイ外しを完璧に行うことで、理論上超えるとおもいます。

しかし、自信のない方や、まだ慣れていない人は、自分のビタ押しの能力によって変えることで、期待収支が上がります。

その為、初心者から上級者まで楽しめる機種となっております。

大祭りも同様と考えてもよいと考えられます。しかし、実機と違って、PCやタブレットでやる為、目押しがやりづらいことは考慮して挑みましょう。

 

大祭りの打ち方

大花火では左リール枠内に17番、まずはHANABIを狙うのがセオリーです。

 

大祭りでいうところの5番目、「灰色の女の子の柄」がHANABI(BAR)に該当しています。

 

KACHIDOKIの大祭りの攻略の基本はこれです。左リールはBARに該当するこの図柄を狙っていきます。

 

はっぴテンパイは、中、右リールにハッピを狙います。

 

※大花火では成立ゲームで必ず予告音を伴っていますが、大祭りでは予告音がないので注意が必要です。

 

もしくは、左枠内に14番のチェリーです。

中リールは七を狙って、右上がりにテンパイ。

これで二確になりますので、そのまま揃えてしまいしょう。

 

灰色の女の子(BAR)狙いと比較すると、成立ゲームでのBIGorREGを見抜きやすいのが魅力なんですが、若干女の子(BAR)より狙いにくいですね。

 

そしておなじみのリーチ目なども存在しており、大花火のファンには、リーチ目が成立した時がそのまま味わえるので、なかなか楽しめるのではないでしょうか。

 

再現度

KACHIDOKIの「大祭り」は、国内のパチスロ4号機「大花火」と基本は同じ攻略方法ですが、実機のパチスロで遊んでいる人にとっては馴染み深くても、大花火と同じ感覚でプレイをすると、かなり負けやすいです。

デザインなどはかなりよくできた部類のものだと思いますが、再現性は意外と悪く感じます。なによりもリールの回転が実機とは感覚が違います

なんとなくで打っても駄目なので、まずはこのリールの回転に慣れる必要がありますね。

大祭りのオートプレイは使いにくい大祭りには、オンラインスロットマシーン特有のオートプレイが存在していて、クリックひとつで簡単に自動化が出来るのですが、なんにしても小役をどんどん取りこぼしていきますので、正直使わないほうが良いです。

その為、カチカチマウスをクリックし続ける羽目になるわけですが、ネット環境が遅いとこのクリックにもラグが発生する事があります。

その為、自分のネット環境が悪かったり、KACHIDOKI自体のアクセスが重かったりすると勝負になりません。

環境が整わない限りは勝てるものではありませんので、大祭り攻略の際は十分に注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スペック自体は大花火をそのまま移植させたといったスペックとなっています。

しかし、PCやタブレットでやる以上、操作性やリールの速度などは微妙と言わざるを得ない状態です。

その為、しっかりと無料会員で慣れてから、有料会員になることが必須なように感じます。

そうしないと、いざ始めたときに、目押しが全然できなくて泣き寝入りすることになってしまいますので注意してくださいね。

以上、kachidoki パチスロ 大祭りのスペックは?についてでした。