kachidoki ジャグラー風ピエロパチスロのスペックは?

KACHIDOKIを利用している方はおおむね大祭りがメインの方が多いかと思います。

しかし、KACHIDOKIにはジャグラー風なピエロのスロットがあることはご存知でしょうか?

その名も 「I Am Pierrot」。

聞き覚えがありそうで、無いようなこの機種について今回は解説していきます。

また、合わせてジャグラーシリーズとの比較もしながら解説していこうとは思いますので、もしまだ手を出していない方は一度見といて損はないと思います。

 

ジャグラーシリーズについて

今では、パチンコホールで見ないことはないジャグラーシリーズは、1996年に完全告知機の集大成として、「ジャグラー」が登場しました。

しかし、その頃はリーチ目全盛期ということもあり、当初は不人気だったが、徐々に人気を集めロングセールスを記録します。GOGOランプは豆電球を使用しており、まだ告知音もありませんでした。

その後、1999年にジャグラーの後継機として「ジャグラーV」がデビューしました。このジャグラーVの特徴として、ボーナス成立時の1/4で発生する先告知を採用しました。

また、絵柄の一部を変更、さらにGOGOランプの色をイエローに変更しました。この時のGOGOランプはまだ豆電球を使用しています。

次に誕生したのが「ゴーゴージャグラーSP」で、2001年に筐体がバージョンアップされ登場しました。

シリーズ初のMAXボタンを搭載し、操作性がアップした他、バックライト、ワイドリールなどの新機能を採用してバージョンアップして戻ってきました。しかし、GOGOランプはまだまだ豆電球を使用しています。

翌年の2002年に「ハイパージャグラーV」が完成し、フリーズ、遅れ、無音など、ジャグラーシリーズで唯一多彩な演出を搭載しました。

期待度が異なるリールフラッシュやスペシャルテンパイ音の存在が、従来のジャグラーファンを驚かせました。

ちなみにGOGOランプは豆電球です。

そして、古い店舗には、たまに見かける「ジャグラーガール」が2003年に誕生しました。新筐体となりリール幅、ボタンがさらに拡大。操作性が向上しました。

また、第3停止ボタンを離した瞬間に「ガコッ」となる告知音を搭載し、GOGOランプをLEDに変更しており、初めて告知したときになるようになりました。

その後は2004年に「ゴーゴージャグラーV」、2005年に「ジャグラーTM」、2006年に「ファイナルジャグラー」を発売し、4号機時代を終えました。

歴史を振り返って見ると、長く、そして愛される機種へと進化を遂げており、感慨深くなります。

カチドキの「I Am Pierrot」について

2016年8月にKACHIDOKIカジノにて、I Am Pierrotが配信されました。

画像を見てもらえれば一目瞭然なのですが、どう考えてもジャグラーシリーズのパクリだと思われます。

大祭りもパクリの機種なので、間違いないと思います。

ちなみに初めに出た機種は大祭りとなっており、そのあとに登場し、最近ですと北斗の拳シリーズがリリース予定しています。

4号機時代の足掛けになったのでわかりますが、さすがに露骨過ぎるなと感じます(笑)

I Am Pierrotのスペックについて

それでは本題のI Am Pierrotのスペックについてみていきましょう。

 I Am Pierrot
設定 BIG確率 REG確率 機械割
設定1 1/307 1/428 92%
設定2 1/302 1/417 94%
設定3 1/291 1/347 99%
設定4 1/282 1/315 100%
設定5 1/266 1/262 106%
設定6 1/249 1/249 113%

 

お気づきになられた方もいるでしょうかね。

次に4号機時代のジャグラーシリーズのスペックをご覧ください。

ジャグラー
設定 BIG確率 REG確率 合成確率 機械割(%)
1 1/298 1/655 1/205 94.96
2 1/273 1/630 1/191 98.51
3 1/260 1/607 1/182 100.69
4 1/245 1/546 1/169 103.87
5 1/241 1/468 1/159 105.41
6 1/241 1/364 1/145 107.18

 

ジャグラーV
設定 BIG確率 REG確率 合成確率 機械割(%)
1 1/298 1/655 1/205 94.96
2 1/273 1/630 1/191 98.51
3 1/260 1/607 1/182 100.69
4 1/245 1/546 1/169 103.87
5 1/241 1/468 1/159 105.41
6 1/241 1/364 1/145 107.18

 

ゴーゴージャグラーSP
設定 BIG確率 REG確率 合成確率 機械割(%)
1 1/298 1/655 1/205 94.96
2 1/273 1/630 1/191 98.51
3 1/260 1/607 1/182 100.69
4 1/245 1/546 1/169 103.87
5 1/241 1/468 1/159 105.41
6 1/241 1/364 1/145 107.18

 

その後のシリーズも同じスペックなので割愛させて頂きます。

見てわかるように、スペックは全く別物となっております。

I Am Pierrotは設定1~4で機械割が100%以下になっておりますが、ジャグラーシリーズだと基本、設定3以下にならないと100%以下(小数点切り捨て)にならないということがお分かりいただけるでしょうか。

しかもI Am Pierrotの設定1はとてもじゃないですが、だいぶ厳しい数字となっている・・・・と考えた方は多いのではないでしょうか。

I Am Pierrotの合算確率

それでは次のグラフをご覧ください。

 

178.8
175.2
158.3
148.8
132.0
124.5

これはなんのグラフかというと、I Am Pierrotの合算確率のグラフです。

合算確率がずば抜けてI Am Pierrotのほうがいいです。

なぜ、機械割が悪くなるのでしょうか。

可能性として挙げられるのはREG確率だと考えます。

スロットを打つ人ならわかるとは思いますが、ジャグラーを打っていて、REGが出たら、残念がる人も多いと思います。

それは、払い出しの枚数が少ないからですよね。

当たるのはうれしいけど、REGだから、うれしいけど悲しい。できればBIGでと考える人も多いはず。

つまりは?

つまり何を言いたいかと言いますと、ジャグラーシリーズのBIG確率とREG確率を見てもらえれば分かるように、確率はBIGのほうに偏りがあります。

その為、払い出し枚数が多い=PAYOUT率も高くなります。

次にI Am Pierrotを見ると、BIG確率のほうに偏りはありますが、ジャグラーシリーズに比べたらそこまで偏りがありません。

つまり、REGを引きやすい=PAYOUT率も低くなる傾向になります。

今、話しているのは設定1での話であって、設定6を見てもらえれば分かるようにI Am Pierrotのほうが機械割が高いのはそういった理由と、合算確率が低い点からこの機械割になっていると考えられます。

まとめ

この機種で勝てるの?と言われたら、パチンコ店に行って勝てるの?と同義でヒキ次第で勝てるとしか言いようがないです。

しかしながら、KACHIDOKIにはイベントが存在しており、確実に5か6をつかめるのであれば、勝てる機種なのではないでしょうか。

合算確率も低いので、普段のジャグラーシリーズに比べて当たりが早いので、無駄にコインを消費するリスクを避けられる可能性が高いです。

その為、I Am Pierrotを打つと決めた時には、しっかりとイベント情報を見て、本当に設定5以上つかめるという時以外は避けたほうが無難な気がします。

設定4以下を掴んでしまったら後の祭りなので、厳しいように感じます。

設定差については、まだ未確認な部分も多いので、何とも言えませんが、大祭り同様、そこらへんもしっかりと引き継いでいると仮定するならばブドウ確率、チェリー当選などカウントしたら良いかもしれませんね。

以上、kachidoki パチスロ ジャグラー風ピエロのスペックは?についてでした。